ブログTOPへ

萌えスロマニアックス

misegurahuh8ulqxna.jpg 




スポンサーリンク




1:
止め時間違えなければちょい勝ちとかちょい負けで済むし、
大勝ちした時も減らさず終れる。



20:
>>1
なんかいろんな台を養分打ちしてる姿が想像出来てワロタ

22:
>>20
そうそう。俺色んな台つまんじゃうだよwだから中途半端な知識で余計追っちゃうんだよねw
養分だよw

24:
>>1
投資とはそんなもんだ
タイミング的には惜しまず、理性で引くのが鉄則だぜw
後で泣き言をするのは感性の所為にする奴やw

26:
>>24俺なんかそれが難しいんだよねーw

>>25そう正にそれ!何かしらの理由つけて打ってしまう。
例えば絆だったらBT後なんか即やめでもいいんだろうけど、もっと打ちたいから理由つけて
モード確認まで・・とかねw



25:
「勝ちたい」より「打ちたい」が上に来てるという、典型的養分思考だわな
どんな台でも超ポジティブシンキングで都合いいパターン想像して打っちゃうやつ
でも決して悪いことではない 好きな台打ち散らかすのが一番楽しいんだから
期待値に縛られて楽しくない打ち方した挙句に負けというのが一番駄目


2:
でも「天国まで追うか・・・」とか「モード確認してやめるか・・」とか
やってると気が付くと追い銭してる。



3:
もちろん追った方が得な場合も多々あるし、期待値がってのもあると思うけど
プラスになった時点でホントもう即止めした方が長い目で見たら収支安定するんじゃないかなと・・・



4:
俺は大体いつも追ってるけど今一ろくな事がない方が多いね。



5:
設定状況見込めないホールなら嵌まり台即やめでいいよ
どうせ座ってる台なんて設定1なんだし初当たり後回せば回すほど損

8:
>>5
いや俺の性格上、後任の奴に出されて「ウワッww天国拾ったwwラッキーww前の奴バカだねーw」とか
思われるのが嫌で必ず確認してしまう。養分です。

10:
>>5
これ本当そうなんだけど突き詰めると引退になってまう



6:
絆→モード確認してやめよ。→追い銭。
モンハン→天国まで回してやめよ。→追い銭。
GOD→単発だったしコレだけ流してもしょうがねーから続行→全のまれ
沖ドキ→Bの可能性強いから天国までいくか。→ATM
ジャグラー→ジャグ連あるっしょwwww→追い銭。
その他の台→追い銭。

これね

12:
>>6
沖ドキだけちょっと笑ったw



7:
もう打ってるやついないんじゃ、、


11:
みんな腰すえて打つ台の止め時と、夕方とか夜打ってる時の止め時教えてよ



13:
残り数枚でレア役→追い金からハズレ→残メダルでレア役のループ

15:
>>13
転生なんか256超える前辺りから天破引いて引っ張れてなんだかんだでA天だよね。



14:
戦コレとか天国ループ強いとか言われる台で即止めすると後任が天国で当たるし。
じゃあ追い銭して天国まで回してみると当たらない。うーん・・・・


16:
凱旋なんかGZONE抜けてガセの前兆ってわかってても出目が強かったり
天国準備位の出目だとついつい追ってしまう・・・
30抜けてもまだ天国示唆見たいな出目だとさらにね・・・



17:
明確な辞め時があるとそこで稼働途切れるから、ホールに買ってもらえるように
いかに辞め時を見失わせるかを考えて作ってあるのは当たり前 踊らされるなよ
ダクセルの台とか酷いだろ 常に何らかのチャンスゾーンで通常ゲームの方が少ないんだぜ

19:
>>17
最近だと百花繚乱は当たり後必ず1周期目まで回すし、ウィッチクラフトなんかも必ず1周期は打っちゃうよね。
悪意の塊だよホント


18:
沖ドキに関してはモード判別が簡単そうで一番難しいって思ってるから天国抜けてもまた打っちゃうよね



21:
ニューパルデラックスで4000回転合算1/90の台に座って即ビッグ2連したあと
1000ハマりして17k飲まれたわ
やめどき…

23:
>>21
その合算だったらそりゃ続行で打つわw

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/slotk/1487304692/

CR緋弾のアリア2 確変中キャラは誰を選ぶのが1番楽しいのか

1日の昼飯代wwwwwwwwwwwwww

【朗報】最近のアメトーーク、ガチ有能wwwwwwwwwww

ジャパリパークの仲間を紹介するよー!

【ポケモンGO】カイリューシャワーズがついに陥落!

地味だけど完成されたデザインなVガンダムが好き

関連記事

関連タグ : パチスロ, スロット, やめ時,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセスランキング くりっく365比較 HOME