ブログTOPへ

萌えスロマニアックス

atakalo2wbqg5.jpg 




スポンサーリンク



1:
パカパカ禁止らしいぞ



3:
むしろ朗報
フェイクが無くなるってことだろ?

4:
いっつも激震してんな


6:
最近、何でも禁止されてるな。

7:
朗報やろ



8:
15R確変(実質6R)とか無くなるのか



9:
小当たりはちゃんと拾えるようになりゃええな

10:
実質ラウンド規制ってことか?


11:
機動戦艦ナデシコ

12:
馬のこと?



14:
おいマジかよ。最近だと高尾銭形が小当たりパカパカうまいのに



15:
パカパカ禁止なら1個返しのアタッカー解放するべ

16:
てことはヘソとサポでの振り分けに差をつけるのも出来なくなるわけだな。
普通に考えりゃ朗報だけど、玉単価を下げたくない業界側は単純にラウンド数削って玉を出さない方向にシフトするだろうな。


17:
ゼブラ柄禁止?

18:
ラウンド詐欺だからな、


20:
出玉無し通常で終わる台打ちたくないから朗報だな

21:
電動チューリップのパカパカの可能性は?



22:
ダブルアタッカーとゴチアタッカーの融合で、アタッカーの入賞をゴチアタッカーが阻止して終了

28:
>>22
30秒開放のアタッカーに加えて、特殊な開放専用のアタッカーを付けて終わりの気がする。
現行の慶次みたいな形でフルカウント取れないrubとか、5秒10秒程度の短時間解放がデフォルトのアタッカーとか。



23:
パカパカの存在意義がわからない



25:
てことはもう気軽に電サポ16R2400が50%!とか出来なくなるのか
これはもう16Rの比率30%くらいに下げるか海みたいに出玉同じにするしかねえな
ますます糞つまんねえものになっていくなパチンコは

31:
>>25
昔は16Rしかなかったんだぜ?w



26:
8R(実質5R)←これが禁止なのか、
小当たり禁止なのかはっきりしろ。

33:
>>26
ラウンド詐欺が禁止。
小当たり搭載の場合には一定数入賞までアタッカー開けとかなきゃいけない。多くの台は小当たりで2カウント固定になると思われる。

打ち手には有利だけど尖ったスペックがさらにできなくなるから業界の衰退がさらに加速する事になるな。



27:
16Rランプ点灯!「ラウンド中に昇格ですね、わかります^^」
パカパカパカ、実質5R。


29:
悲報の間違いだろwwwwww


35:
黒王に松風にガロの馬禁止ってことかよ



37:
やったぜ
15Rセグついて4R通とかおかしいんだよ



38:
いっそのこと
16R10C15個2400発固定のみしか認めないようにしないと無理かね?
当たり確率下がって誰も打たなくなってデジパチ廃れる~


39:
嘘食いとか哲也2みたいに左のアタッカーの16R出玉が400玉、右の16Rが2400玉みたいにして逃げれるんちゃう


40:
複数アタッカー持たせてまるで賞球数が違うってやり方は実質ラウンドとまた話が違うけど
これありなら実質ラウンドとほぼ変わらないこと出来るよな

ST機例
・実質ラウンド式
へそ
50% 16R(実質4R)出玉 400個
50% 16R 出玉1600個
電チュー
100% 16R 出玉1600個

・複数アタッカー式
へそ
50% 16R (カス賞球アタッカー)400個
50% 16R(普通の賞球アタッカー)160p個

電チュー
100% 16R(普通の賞球アタッカー)1600個


これなんかひっかかるんかな



41:
変な事してもまた規制増えるだけな気もするけどなあ
元々からヘソと電チューでラウンド数揃えておかないとダメってルールがその為のモノなら
もう素直にそうするしか無いんじゃないの

42:
>>41
VSTとかもその辺のルールを打ち破るもので今でも規制されてないし
どこまで規制したいのかがよく分からない

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/pachik/1486798731/

このラーメンだけどこのボリュームで680円なんて凄くね?

南国育ち羽根の試打動画見たけど、これ通常時も確変中も「キュインチャレンジ」待ちっぽいな

【驚愕】ジャンク扱いのプレステ2のコントローラー350円で買ってきた結果wwwwwwwwwwwwwwwww

ものすごい女性ゲーマーが話題に!!もうこれファンタジーだろwww

【衝撃的】スタバがドトールに負けた3つの理由wwwwwwww

古代エジプトの謎でも紐解こうぜ


関連記事

関連タグ : パチンコ, ラウンド,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセスランキング くりっく365比較 HOME