ブログTOPへ

萌えスロマニアックス

crhokutomusou777rin.jpg

パチンコのサミーの機種で最高傑作と思う台はどんな台だろう?
やっぱり北斗関連が多く上げられているのかな?



スポンサーリンク



1:



11:
スロットのナイアガラ

18:
北斗だけの1発屋



20:
まあスロ含めて北斗だわな
北斗やってなかったら下位か廃業してたろ

22:
>>20
マンクラ知らん世代か

30:
>>22
ちょうどスロ打ち始めたのそこから
ジュウオウとか抜けたコンテンツにはなりえなかったしね
北斗はスロもパチもずっとトップレベルの大量導入されてるしね
サミーの本業が北斗新作作りのレベル
パチのヒットは二作目かもしらんが

69:
>>30
え?CT浸透させた機種だぞ。マンクラ。

23:
>>20
それいうなら、獸王だろうな
獸王なけれは北斗まで行けたかわからない



24:
なんか冷静に考えると
サミーって北斗STVとダンバインしか思い出せないな…



25:
北斗ってだけでアホほど客付くんだから北斗って相当凄いよな



27:
化物語なんだなぁ

35:
>>27
ねーよ豚



28:
個人的には戦国乱舞
まぁ信者多いと思うけど
burstは嫌いじゃないけどまったく別の台になってた


29:
Bin貧神さま

31:
パチンコだったら北斗覇者かな



32:
剛掌=神獣王>>覇者>>神獣王2>>>>拳王


33:
剛掌が神台とか言ってる奴の信用ならなさは異常


34:
ダンバイ

36:
ポパイ

37:
個人的にはクラブムーン


38:
チョロQ

39:
パチンコなら雀球かね


40:
猛獣王

41:
天授



42:
うん、どう見ても化物かな
意味不明要素も多かったけど、いい部分の担当がしっかり仕事してる



43:
初代蒼天甘が秀逸過ぎて他が浮かばない

73:
>>43
MAXより勝てる台だったからなぁ



44:
覇者が面白いとか評価高い奴理由言ってくれよ
保留変化頻発と謎当たり減少
発展すれば後半確定のジャギユダも潰して、尻上がるか!?みたいなのも減りまくり
俺の中でシリーズ一番のゴミなんだが


45:
日本一レベルで北斗うってる者だが
覇者は俺も嫌い。アタッカー神なだけ。


46:
甘蒼天

57:
バ、バーチャファイター


58:
豪掌はバトルタイプなのに入賞消化順のせいでヘソで小当たりひくとフリーズ
ヘソでハゲきたら絶望

慶次が自滅して初代ガロ末期に出たからウケただけ


65:
アラジンデスティニーとターミネーター


66:
剛掌はここでこうなれば後半発展とかアツイとかの演出が絶妙で、謎当たり尻上がりも多く、基本静かな通常時だから淡々と回せたし、たまにくる熱い予告にドキドキできた
覇者は保留変化の頻度が多くなりさらに麒麟CI待ち等、やや平和や享楽のような色遊び台となりつつあった
拳王はその色遊びをさらに強くしてしまった



70:
普通に考えたら獣王だろ
アルゼの天下の大花火を討ち取ったんだぞ
それまでサミーなんて変な会社でしかなかったのに

75:
>>70
過去にアラジンが流行ったくらいで、単純にノーマル機として
楽しく打てそうな機種はほとんどなかったよね



71:
マンクラなついなぁ。6は一度だけ打てたけど楽しかった。スロット始めて間もない頃で、夜8時ぐらいまでに8000枚出てビビって止めた思い出。


72:
ハードボイルド


74:
初代ガッチャマンも入れてくれ
ザルバがパクったけどもっと単調ながら熱い5回転だった。


76:
初代スロ北斗やろ


77:
ダンバインって通常時演出糞
ST中通常時よりはましってレベルで演出糞
ただST中爽快感があるってだけの台だろ


78:
おりん1作目
全部実写な所が良かった


79:
インディジョーズだろ

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/pachik/1462096435/

【衝撃】 気象用語でググって艦娘に邪魔された気象庁の人、艦娘の名前の気象用語の解説を始める。

水曜どうでしょうの鈴井貴之、ゴリゴリのおじいちゃんになっていた

【画像あり】ドンキホーテ 要注意高校リストが流出

【悲報】 高橋愛さんが完全に浮浪者

女が主人公のロボットアニメwwwwwww

【在日崩壊】野球賭博元締めの斉藤聡、韓国に逃げようとして逮捕!!!

オーストラリアで夜中、「とある生き物」が車に襲い掛かってくる恐ろしいビデオ


関連記事

関連タグ : パチンコ, サミー,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセスランキング くりっく365比較 HOME