ブログTOPへ

萌えスロマニアックス

hokuto6_keno.jpg

パチンコの北斗の拳をダンバインと同じ高継続率STで出せば面白くなるのでは?
バトル演出も上手い事テンポよくやってくれればそれなりに楽しそう
継続率90%超えで当たり続ける北斗ならワンチャン流行るか?




スポンサーリンク



1:
絶対面白いよな!


28:
>>1
それくらいやらんと
北斗復活ないよな
とにかく強いケンシロウが見たい
雑魚は即当たり
ボスはラウンドバトル

3:
まんまダンバインでいいよね
ストーリーの順に敵が出てきて攻撃ヒットやかわしたらボーナス
8か16かのときに恒例のラウンドバトル


4:
ダンバイン信者ってのは間違いないが信者とか関係なく北斗のスペックは死んでる
小当たりイライラ潜伏イライラ潜伏からの通常でイライラ確中の突確でイライラ
こんなん打つならダンバインスペックのがいいだろ
勿論連しないで終わることもあるだろうが他の台にも言えることだし


5:
と言われてもなあ…

6:
そこでわけわからんダンバインで出してきたのがサミークオリティなわけよ
こいつら結局勝負せず安全路線ばっかりだからうざい


7:
まあ初代スロット北斗が好きだった自分としては
北斗は出玉少なくても高継続のが面白いと思う
600発オンリーで90%とか
009タイプかダンバインタイプかは好みによるが



8:
ダンバインでよかったよ、演出もスペックとマッチしててラッシュ中だけは楽しかった
ツインエンジェルでやれとかじゃなくてよかった

10:
>>8
ダンバインみたいなスペックは面白いもんな
別の題材でも作って欲しい
90%越えのSTってやっぱ楽しいわ


9:
100%突入の90%台欲しいな ヴァンヘルみたいに雑魚と出会ったらあたり 強敵に会ったらボスバトル勝利で高出玉とかさ


11:
普通に初代スロタイプで
1/360
確変89%(初回通常及び確変23%電サポ無し)
11戻し8C 8R=約640発
時短32回転

でいいよ

12:
単バイン?



13:
ダンバインはMax規制に引っかかっているというのにw

14:
>>13
マジで?

15:
>>14
1度の大当たりからサポ抜けまでに最大出玉の1/3以上(1/320スペックの方は最大出玉数に関わらず600個以上)は必ず出すようにしなくちゃならない
ダンバインは12Rが最大なんで3R通常がある時点でアウト


16:
継続率65%規制の範囲次第ではライトを少し弄るだけで出せる可能性もないではないが難しいだろうな


17:
北斗無双の台がサミーから出るらしいからそこでダンバインスペックの出番ですぜ



18:
それならダンバイン打てばよくね?

20:
>>18
北斗の演出で遊びたいってことだろ



21:
北斗で落ちろよーは無理だろ
あべし!たわばぁ!でラウンド始まるのか?


22:
そこら辺はどうにでもなる気がする


23:
なんとでも出来る
一度終わらせばいいだけ


24:
おまえはもう死んでいるでいいやん



25:
あたぁ!=2R
ほわたぁ!=4R
ほぉーわたぁ!=6R
あたっほわたぁ!=8R
あたっあたっほわたぁ!=10R
ほぉーあたあたあたあたぁ!=12R
人影「待っていたぞ!ケンシロウ」=14R
人影「逢いたかった」=16R


26:
モヒカン雑魚キャラ出現であたりでええやん
ヴァンヘルの演出みたいな


27:
牙王を思い出す



29:
北斗って一度そういう台なかったっけ?
ショボ出玉で高確率継続してラウンド間で戦ってるやつ
あれも80%なんだっけ?


30:
>>29
北斗の拳伝承で検索

時短削って2Rちょっと入れたら86%ぐらいはいけるな。
80%の1/381の時短100って実質84~5%継続だから。

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/pachik/1444560644/

パチ●コで一撃10万発出したことある?

iPhone5sとかいうApple史上最高の名機wwwwww

【閲覧注意】人間の80%を ”焼いたら” こうなる

職場にて。バイトのA子「韓国の某コンサートに行く!」他の子「韓国って今ヤバイんじゃない?大丈夫なの?」A子「全然余裕!大丈夫!」 → 結果…

【衝撃】電池不要の「全自動ごみキャッチャー」が凄すぎワロタwwwwwwwノーベル賞まであるww

馬鹿「池田秀一はシャアの声しか出せない」

パチンコで今ある現行機種で勝てそうな台ある?


関連記事

関連タグ : パチンコ, ダンバイン, 北斗の拳, 北斗,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アクセスランキング くりっく365比較 HOME